私の復縁歴について〜セフレ編〜

みなさんこんにちは。山下です。

今回の記事は、〜別れ編〜の続きとなります。

山下

こんな人間でも、復縁できたんやな!って励みにしてください

目次

別れ後、はじめての再開

別れて2週間後くらいに、元彼から「焼肉行かない?」というラインが来ました。

もう振られてから毎日泣いていた私からすると、もう朗報すぎます。

山下

これは復縁だわ。チョロいわ

そう思っていた、過去の自分を殴りたいです。(笑)

焼肉当日

焼肉当日は、仕事を早引きして、メイクも化粧もばっちりで挑みました。(笑)

待ち合わせ場所にいた、元彼はやっぱり素敵で街中で泣き崩れかけたことを今でも覚えてます。

山下

今日は近くにホテル取っといたんだ(※当時は中距離恋愛だったので)

元彼

そうなの?別にいつも通り、俺の家泊まってっていいのに

この発言に「いや、悪いよ友達だし!」なんて断るのが普通ですが、復縁したすぎて脳がバグっていた私は

「やったーありがとう!」と即答。(※友達の距離感ではない)

焼肉を楽しんだあとは、いつも通り彼氏の家に向かいました。

いや、私たち別れてるんだよね?別れるっていったい何なんだ?友達っていったい何なんだ?なんて思いつつ…。

でも、このままなし崩し的に、「別れる」なんてことはなかった事にしてもう一回やり直せないかな☆なんて思っていたのも事実です。(笑)

ハッピーセフレ(笑)

いつも通り、家に帰って、いつも通りお風呂に入って、いつも通り髪を乾かしてもらい気付く…。

山下

あれ、私たち別れてますよね!?!?!?!

元彼

うん、多分…

うん、多分って何やねん。お前が振ったんやろ。とかは置いておいて。

このままだと友達じゃなくね?となっていた私たちは話し合うことに。

そしてたどり着いた結論は…

別れた方がいいのは分かってるけど、やっぱりお互い寂しい…
もう少しだけ一緒にいよう!(※いわゆるセフレである)

今の私は、この文章を書きながら「昔の自分も、彼氏も等しく死ね!!!!!!」と思えますが、当時私は本当に「ちょっとでも会えるならそれでいい」みたいな思考だったんですね。

この時12月で、結局12月〜2月まではこんな「なぁなぁ状態」が続きました。

自爆テロ発動

私はこの、セフレ(笑)な時期も、復縁垢をずっとしていたので「離れた方がいいよね」「でも離れたくないよ」なんて気持ちをずっとずっとツイートしてました。

冷却期間を取った方がいいと分かりつつも。でも彼から離れたくない…。

彼も彼で、普通に恋人時代と同じような扱いをしてくれるので、それに甘えていたのも事実。

山下

でも来月(※3月)は私の誕生日!!!!ここでもう一回関係をはっきりさせよう!!!!

そう決意して、私は2月、元彼に自爆テロを仕掛けます。

山下

私たちの関係ってなに?別れてるんだよね?でもやっぱり私は、好きだから元彼のこと諦められない!
もう好きじゃないなら、二度と会わない!!!!

なぜかね、女子ってこうやって白黒はっきりさせようとして、多量の爆弾を抱え自爆テロしてしまいますよね。

当時の私も、こんな風に大自爆テロを仕掛けてしまいました。

ただ、こういえば「そんなこと言わないで!やっぱりやり直そう!」という風になると思っていたんですよ。

しかししかし、返ってきたのはまさかの返答。

元彼

そうやね。俺も山下の優しさに甘えててごめん。もう恋人として好きになることはない。今日で会うのはやめにしよう

この日の、時が止まった感覚は今でも忘れられません。

※死を悟った山下

一回振られてるのに、もう一回綺麗に振られるなんて、ほんと自爆テロです。(笑)

その日は、帰るに帰れないので恋人の家に泊まりましたが、恋人の隣で一晩泣き続けるというトンデモ気まずい展開になりました。

その日、始発で帰ったのですが。

電車に揺られながら、車窓からみた日の出は私の胸にずっと焼き付いています。

山下

本当に終わってしまった。もう恋人として好きになる事はない。ってはっきり言われてしまった。

この日から、私の本当の復縁活動がスタートしました。

ちなみに(後日談)

「もう恋人として好きになる事はない」なんて言っていた男とは、結局そのあと復縁しています。

同じようなことを言われて、もう終わった。私絶対復縁できない。なんて思ってる人でも大丈夫です。

何か相談ごとなどあれば、問い合わせからメールしてくださいね。

山下

過去の自分に手を差し伸べるように、今復縁活動で悩まれている方の力になりたいと思っています。

それではここまで読んでいただき有難うございました。

他にも復縁に関しての記事を書いていますので、ぜひ読んでいってくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる